「暮らし満足都市」の創造

豊田青年会議所の7月度例会(公開)に参加しています。テーマは「暮らし満足都市」の創造。講師はNPO法人グリーンバレー理事長の大南信也氏。 現在、人口約6300人の徳島県神山町へ東京の企業がサテライトオフィスを構える動きが加速しており、企業だけではなく、この山間の地に若者が次々と集まりつつある。まさに「山間の町が起こした奇跡」それを仕掛けたのが大南氏。 ウェブサイト「イン神山」を立ち上げ、その中のコンテンツ「神山で暮らす」という空き家物件情報のページが呼び水となり全国、特に東京から若者の移住者が増加し、平成23年には転入者が転出者を上回り社会増に転じました。現在も神山町には人材・テクノロジー・文化芸術が集積を続いています。 都市部への人口流出の流れに歯止めがかからない地方自治体。大南氏はその流れに抗わず、減り行く人口の中での健全な姿を探る「創造的過疎」という考え方を提唱。地域再生の具体的な姿がここにあります。


Featured Posts
Recent Posts
Archive